YAMAHA TRICKER についてのあれこれ。2016年6月〜
2011年11月19日 から 2016年4月30日

■■2011年11月19日、1990年から20年以上乗っていたHONDA CBR400RRが盗まれた。
しかたなく250cc以上でわりと安く買えたトリッカーを購入(2011年11月26日)。それから6年になる。


■メンテナンスの記録など(純正パーツはほとんどウェビックで購入)
▼2017/08/3-6、38,689.7km
6年間何もしなかったフロントフォークのメンテナンスをしてみた。ダストシールを外すと錆だらけ。オイルは真っ黒。オイルシールは漏れもなくまだ使えそうだが交換が必要とされるものは全て交換した。注文したダンパーロッドの供回り防止ツールが来るまで作業が中断したため、3日間かかった。


写真左は、ダストシールの表と裏、オイルシールの表と裏、スプリングアツパワツシヤの
表と裏、スライドメタルガスケツト、オイルシールクリツプ、ガスケツト、ガスケツト
スペーサーもさびさび、交換すればよかった。


アウターチューブの内側

ダンパーロッドボルトは工具があると、緩めるのも締めるのも、ものの3分で終了。アウターチューブブッシュとオイルシールを打ち込むための、フロントフォークオイルシールプッシャーも必要だろう、塩ビ管で代用する人もいるようだ。ダンパーロッドの供回り防止ツールも必要だろう。代用できるものを探したけど、結局時間の無駄。ツールがあると、フロントフォークのメンテナンスは意外に簡単。このためだけに工具を買うのはもったいない気がするがしょうがないか。


万力などは必要なく、外したフロントタイヤにフォークをセットすれば
ダンパーロッドボルトを緩たり締めたりできる。

▼購入した部品
純正部品 ガスケツト [1N1-23158-00]¥162×2 = ¥324
純正部品 シール、ダスト [5JX-23144-00]1,015×2 = ¥2,030
純正部品 クリツプ、オイルシール [4A1-23156-00]259×2 = ¥518
純正部品 オイルシール [5JX-23145-00]¥896×3 = ¥2,688
純正部品 ワツシヤ、スプリングアツパ [5K5-23149-00]399×2 = ¥798
純正部品 メタル、スライド 1 [5JX-23125-00]756×2 = ¥1,512
純正部品 ガスケツト [240-23114-00]313×2 = ¥626
オイルパックリ廃油処理パック [2L] [W-OP-001]¥410
ヤマルーブ サスペンションオイル G-15 /90793-3804300 /1L /G15、¥1,998

▼ついでにエアークリーナーも交換予定
2017/08/6、38,689.7km、純正部品 エレメント、エアクリーナ [5XT-14451-00]¥1,792

▼今回しか使わないかもしれない工具の出費
フロントフォークオイルシールプッシャー /(Amazon)19-8701¥3,987
フロントフォーク ダンパーロックソケット(Amazon)07-10075 ¥1,280
超ロングエクステンションバー((Amazon・アストロプロダクツ) 600mm ¥1,382+送料550
メスシリンダー(新山下2りんかん)¥972

作業が終了したので、試乗。フロントフォークは良好、新車時に蘇ったような感じだ。作業を終えて感じるのはダストシールは時々上にあげ、アウターチューブの内側をチェックし、錆や汚れを掃除。一年に一回はフォークオイルは交換した方が良好。 これで終わりと思ったらライトのロービーム側が切れていた。なぜ。明日買いに行くことにするちょうど2年で切れる。

2017/08/06・M&H H4 12V 60/55W 16H B2C、港北ナプスで購入、3024円
2017/08/06・NGK 標準プラグ DR7EA、486円
しばらくプラグも交換していないので、購入。

▼2017/07/30、オイル交換、38652.5km。オイルはヤマルーブ プレミアム、廃油処理パックで捨てる、オイルフィルターも交換。アイドリングを少し高くしてみた。そろそろフォークオイルの交換でもして見ようかと思っている。

▼2017/07/10、最近、すぐエンストする。信号が変わって、ギアを入れアクセルを開けた途端にエンストなど、やたらに多い。暇な時にアイドリングを高くして見よう。

▼2017/04/16、壊れたフェンダーの交換など。何回かこけてるうちにボロボロになった左右のグリップ、ついでにスロツトルガイドも交換。曲がったまま修正して使用していたチェンジペダルも交換。

2017/04/4・5XT-18110-10 シフトペダルアセンブリ、3,272円
2017/04/4・5XT-21500-10 フロントフエンダアセンブリ、2,811円
2017/04/4・4GY-26241-00 グリツプ(レフト)、789円
2017/04/4・3Y1-26249-00 リング、リーフ、164 円
2017/04/4・4GY-26242-00 グリツプ(ライト)、789 円
2017/04/4・5BE-26243-00 チユーブ、スロツトルガイド、461円
2017/04/4・ 98707-04012 スクリユー、フラツト 、2個、172円
2017/04/4・ DAYTONA デイトナ オイルフィルター、72176 、826円
2017/04/4・ DAYTONA デイトナ ハイパーシンタードパッド、72444 、1980円
2017/04/4・ アライ スーパーアドシスZFシールドベース 、043016 、540円

▼2017/04/3
、購入して半年しか経っていないヘルメットを壊してしまった。またミラーにかけていて、転げ落ちる。壊れたのはシールドベース。接着剤では修復不能。シールドベースなんか今までに壊れたことがないのに、なんで簡単に壊れるの ??
アライ スーパーアドシスZFシールドベース 品番[043016] 販売価格(税込) 、540円

▼3月31日に仕事帰り、右折ラインで信号待ちで止まっていたところ、前の車が突然バックしてきた。足でけって下がったが下がりきれず、車はフロントタイヤの上に乗り上げ、バイクのフェンダーと車自身のバンパーを壊してまた前に戻った。車の真後ろだったから倒れなかったが、斜めになっていら‥‥。バイクを降りて、文句を言うと、運転手のおっさんも相当慌ていたようで、壊れたフェンダーなどを弁償しろと言うと、二万円置いて立ち去ってしまった。フェンダーは潰れてタイヤに当たっていて、走れる感じではなかったが、だましだましホームセンターまで走り、車載工具にないものを買い、フェンダーを止めているボルトを緩めて、走れるようにし、家まで帰った。フェンダーはフロントフォークにボルトする部分から゛避けていた。無理やり走ったので、タイヤと擦れてかなり減っていた。

▼2017/01/29、オイル交換、36424km。オイルはヤマルーブ プレミアム、廃油処理パックで捨てる。
▼2016/11/5、外出中テールランプのバルブが切れた、暗くなりかけの時間帯で自宅までまだ距離があったので仕方なくバイク屋で交換することにした。バルブは980円、工賃が1,296円。球の交換ぐらい自分でできるのだが、今までのバイクライフで球が切れたことなど一度もなったので、どんな球が使われているのか全く知らなかった。予備ぐらいと言うより、データぐらい持ってないとやばいよね。テールランプのバルブは12V21/5Wのものでした。これをネットで検索すると128円から購入可能。

2016/10/1・ヤマルーブ プレミアムシンセティック、10W-40、90793-32152、2個、4968円

▼2016/10/20、ミラーにかけておいたヘルメットが盗まれる。信じられない、5年も使っているボロボロのヘルメットを持って行くなんて。工事用メットを被り、バイク屋に仕事帰りに寄る。今回はアライ製品を購入。

▼2016/10/20、33379km、タイヤ前後交換(IRC:GP-210 )、チューブ前後の交換、リムバンド前後の交換、今回はナプスで購入し交換してもらう。
▼2016/10/10、33126.6km、オイル交換、オイルフィルターも交換、チェーンの調整。オイルはヤマルーブ プレミアム、廃油処理パックで捨てる。

2016/10/1・ボルト/シフト、5XT-27434-00、358円
2016/10/1・シフトペダルアセンブリ、5XT-18110-10、3272円
2016/10/1・DAYTONA デイトナ オイルフィルター、72176 、564円
2016/10/1・スーパーチェーンオイル ドライ ホワイトタイプ内容量:500ml、907934007100、1404円
2016/10/1・ヤマルーブ プレミアムシンセティック、10W-40、90793-32152、2個、3186円
2016/10/1・ヤマルーブ ヘルメットシールド撥水剤 容量:100ml、907934009000、689円

▼2016/7/10、30651.6km、オイル交換、オイルフィルターも交換予定、なめてしまいボロボロのドレンボルトも交換、どれも以前に購入した製品。
・ヤマルーブ プレミアム:10W-40:100%化学合成油、1L=1645円
・DAYTONAデイトナ オイルフィルター、1個 = 619円
・廃油処理パック2リットル、300円ぐらい
オイルはもっと安いスポーツでも良さそうだが、以前使用したヤマルRS/10W-50がとても良かった、既にこのオイルは販売していないので、今回はプレミアムを使ってみることにした。

相変わらずスタンドを使うと、エンジンががすぐ止まる。今日はセンサーを横にずらして、スタンドを使っても、センサーのボタンが押されないように設置した。常時オンの状態。
これで始動時のエンストは改善された。

先日、またバイクを倒してしまった。ゆるーい下りにバイクを置いて、離れたとたん左に倒れる。ミラーが両側とも緩んでしまった。クラッチがホルダーごと内側に移動、車載工具を使おうとしたが、プラスドライバーが無いとサイドカバーをあけられない。たまたたま近くにドライバーがあったので車載工具で修復。サイドカバーを止めているボルトをプラス以外に交換し簡単に車載工具を出せるようにしたと思っている。

▼2016/5/2、29,538km、リアブレーキのメンテナンス。
今回は、かなりすり減ったブレーキのディスク交換、キャリパーの掃除とオイルシールの交換、ブレーキホースの交換、ブレーキオイルの交換、チェーンとスプロケッドの掃除。スプロケットを止めている、締まらなくなったままのセルフロックナットの交換を行う予定。

●ヤマハの推奨では
ブレーキオイルは2年毎
マスターシリンダーカップ、 マスターシリンダーシールは初回5年目、以降4年毎
ブレーキホースは4年を目安に交換
キャリパーシールは初回5年目、以降4年毎
エアクリナーは20,000km毎
オイルフィルターは9,000km毎となっている。


ハブとスプロケットを止めているセルフロックナット(図13)2個は、スタッドボルト(図14)内で空回りしている。締めること外すことも出来なくなったまま、かなりの日々が過ぎた。取れないのでナット2個は切断砥石でカットし破壊した。そのナット2個に対し、砥石を8枚使っていしまった(もったいない)。 ナットはとれたが、今度はボロボロのスタッドボルトを交換しようにも外れない。今日は諦めて終了。ネットで調べたら、スタッドボルトを外す専用工具があるようだ。さらにスタッドボルトが根元で折れた場合の外し方も紹介されていた。

▼2016/5/3、スタッドボルトの修復
スタッドボルトを外すための工具を買いにホームセンターに行く。スタットボルト専用工具は無かったので、使えそうなものを買ってきた。根元で折れた場合のドリルも購入。

▼購入したのは、
ネジザウス(1980円)、 ライトタップ・ダイスセット(3980円)、 カラー・キーレスチャック(409円)、 スパットドリル3.2mm(735円/不要だった)、
ライト・エキストラクターNo2(429円/不要だった)、六角ナット13mm/10個(116円)、スプリングワッシャー10個(116円)、ポリエンボス手袋(429円)、 ブラシ真鍮(398円)、 CRC556(409円)を買った。全部9,802円も使ってしまった。そして作業再開。

スタッドボルトはカラー・キーレスチャック(409円)であっさり外せた。それ以外に購入
した物は全て不要だった。むだな出費に落胆する。スタッドボルト3本を新品に交換し、他の3本は購入したツールを使い、ダイスでネジ山を修正。私か思うに、純正のセルフロックナットは作りがしょぼいのか、あるいは一回しか使えない物なのかもしれない。新品に交換してもまた同じことが起りそうなので、普通の 13mmのナットとスプリングワッシャーでスプロケってを固定して様子をみることにした。

リアブレーキディスク (9,320円・5XT-2582W-00)交換
スタッドボルト2個使用(90116-08010@132x2=264)交換
キャリパーシールキット(892円・3JD-W0047-51)交換
ブレーキホースR(3292円・5XT-25873-00)交換
ガスケット2個(4枚の内二枚使用、90430-10005)交換
ガスケット1個(銅ガスケット・90201-10118)交換
オイルシール2個(銅ガスケット、334円×2・ 93106-22032)
交換
ブレーキオイル交換
 スタッドボルトをバイスで締めて
 スパナで回す。

2016/4/25・オイル シール/フロント (23X) (93102-20281) 、205円、未使用
2016/4/25・カラー、ホイール/リア (4JG-25383-00) 、982円、未使用
2016/4/25・オイルシール/リア (4DA) (93102-20281) 、2個、668円、済み
2016/4/1・カラー、ホイール/リア (5XT-25383-00) 、658円、未使用
2016/4/1・ベアリング/フロント (93306-20205) 、2個、1036円、未使用
2016/4/1・ベアリング/リア (93306-20212/ 93306-20226) 、3個、2592円、未使用

2011/11/19から  
前後タイヤの交換 20130/9、9222km/BS純正
2015/11、18145km/GP-210
2016/10、33379km/GP-210
チェーン 2014/11、16870km
スプロケット交換 F/R 2014/11、16870km
メーターケーブル切れる 2015/3、17889km
シートの交換、破れ 2015/11、24997.5km
ブレーキオイル交換 2年毎 2014/6、12183km
2016/5
ヘッドライトの球が切れ 2015/8、純正
ブレーキディスクR交換 2016/5、29538km
ブレーキディスクF交換 2016/5、29538km
ブレーキホース
4年を目安に交換
2016/5、29538km
キャリパーシール
初回5年目移行4年毎
2016/5 交換
エアクリナー
20000km毎、
2015/ 3、19191km、
38,689.7km、
ハンドル交換 2014/7、12480km
エンジンオイル 3000km毎
オイルフィルター 9000km毎

YAMAHA RT 360
1972年、高校生だったころ、始めて乗ったバイク。周りにいた先輩がみんなこれに乗っていた。それをかりて、初めて乗ったバイク。


HONDA XL250S
吉祥寺にすんでいた頃、初めて購入したバイク。なぜXL250Sを選んだのか不明だが、2代目にあたるXL250Sは発売されたばかりの製品。雑誌のレビューを見て決めたのかもしれない。店頭で見て決めたのではなく、XL250Sをくださいって感じだった記憶がある。


YAMAHA XS400 Special
XL250Sから乗り換え。ヤマハの元レーサーだった本橋さんの店、吉祥寺のモトコで購入。当時流行のアメリカンタイプ。


YAMAHA SR400SP
XS400のメンテナンスなどで出入りしていた、モトコで見たSRに魅了されてしまい、買い替えることにした。購入した直後、モトコにいたメカニックが店をオープン、モトコの客はこの店に引き継がれた。そこにはSR乗りが集まっていた。その東京杉並の店で発足したのが、SRクラブ87ø。創立メンバーとして、始めて大勢でのツーリンに参加。いつもは一人で走っていたが大勢で走るのもそれなりに面白かった。しかもSRばかりだ。私の仕事はフリーの商業デザイナーだったので、このクラブのロゴは私がデザインした。SRクラブのメンバーの中にシルク印刷屋さんがいて、そこでステッカーとTシャツ、トレナーを製作した。いまわ何も残っていない。当時のSRクラブではシートはモトコのシングルシート、マフラーはまだ実験段階だったスーパートラップ。さらにキャストホイルからスポークに戻しり、500のクランクを400に入れたり、改造して走るが楽しかった時代だった。私も一通り行った。バイクは全てバラバラにし自分で組み立てた。


YAMAHA RZ250 RR
SRとは別に購入。旅行に出るため友人に貸したつもりだったが、友人はもらったつもりでいたらしく、売却されてしまった。


YAMAHA SRX400
このバイクで世界一周に出発。吉祥寺のモトコはクラウザの代理店となっていて、そこでこのサイドバッグを購入した。
旅行で使うバイクは、ヤマハSR400、ヤマハXT400、ホンダGB400などが候補だったが、出発直前の1985年に発売されたSRX400を選んだ。正解だったかどうかは分からないけど、小さくて扱いやすかった。


HONDA VFR400
帰国後、購入したのがVFR400。しかし、すぐ盗まれてしまった。当時、東京の千歳烏山に住んでいたが、バイクは平和島辺りで乗り捨てられていた。見つかったVFR400はポロボロで乗れる状態ではなかった、購入したバイク屋で引き取りを頼み、下取りしてくれる聞いたら、いろいろ引取先を探してくれ、エンジンだけということで、下取りしてくれた。2,000kmぐらいしか乗っていなかったのに残念だ。警察に被害届を出すと、出てきたら連絡してくれるだけだと分かった。


HONDA CBR400RR
同じバイクを購入するか迷ったが、並列4気筒も乗ってみたかったので、CBRを購入することにした。CBRも20年乗ったが、またしても盗まれてしまった。 そしてトリッカーを購入した。

CBRは5年経ってもでも出てこない。もし見つかってもボロボロだったら、自分が盗まれた物と違うからと受け取りを拒否するつもり。

■YAMAHA TRICKERのデータ
5XTA-010
認定型式/原動機打刻型式:
JBK-DG16J/G370E
全長×全幅×全高:
1,980mm×800mm×1,145mm
シート高:810mm
軸間距離:1,330mm
最低地上高:280mm
車両重量:125kg
舗装平坦路燃費:39.0km/L(60km/)
原動機種類:
空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
気筒数配列:単気筒
総排気量:249cm3
内径×行程:74.0mm×58.0mm
圧縮比:9.5:1
最高出力:14kW(18PS)/7,500r/min
最大トルク:
19N・m(1.9kgf・m)/6,500r/min
始動方式:セルフ式
潤滑方式:強制圧送ウェットサンプ
エンジンオイル:容量1.4L
燃料タンク容量:7.2L
燃料供給:燃料噴射式
点火方式:TCI
バッテリー容量/種類:
12V-6Ah(10h)/YTZ7S
1次減速比/2次減速比:3.083/3.000
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング
変速機形式:常時噛合式5段
変速比:1速 2.846 2速 1.812 3速 1.3184速 1.035 5速 0.821
フレーム形式:セミダブルクレードル
キャスター/トレール:25°10′/92mm
タイヤサイズ :
(前/後)80/100-19M/C 49P(チューブタイプ)
120/90-16M/C 63P(チューブタイプ)
ブレーキ形式 : (前/後)油圧式シングル
ディスク/油圧式シングルディスク
懸架方式 :
(前/後)テレスコピック/スイングアーム
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ:
ハロゲンバルブ/12V、60W/55W×1
乗車定員:2名