iMac 2017を購入してからの日々。2021年05月07日~
iMac (21.5-inch, 2017)
部品番号:MMQA2J/A
(2021年05月07日〜)

iMac 21.5-inch,2017を買いSierraをインストール
iMacBook Air 13-inch,2017
2018/01/02~

macOS Big Suアップデートをインストール
SSDを換装
macOS Catalinaをインストール
リンク集

■05月07日、新しいiMac到着(新しいといっても5年前のモデル)。これを選んだのは、まだAdobe Dreamweaver CS3 (CS6)を使うためで、macOS Sierraが作動する機種が必要だったからだ。2019年モデルからはmacOS Sierraはサポート対象外みたいだ。

iMac 2017が昼過ぎ到着(¥85,000)。起動させるとmacOS 10.14 Mojave (2018年9月25日) 、だった。しかも作動が遅い。正面からの見た目はiMac 2011と同じ。光学ドライブがない。薄くなってさらに簡素になった感じ。
Mojave での起動は一回だけ。すぐにmacOS Sierraをインストールすることにした。

・macOS Sierraに戻す。
普段ロジクールのマウスとキーボートを使っているのだが、キーの配列はアップルと同じなのに、「@」が入力できない? しょうがなくiMac2011に付いていたアップルのキーボードを出して使うことにした。

Optionキーを押しなが電源を入れ、起動ディスクを選択し、外付けSSDから起動。USBメモリーに作成しておいたmacOS Sierraインストーラーから新規にmacOS SierraをHDDにインストールしようとして、できなかった。随分待たされたあげくインストラーが壊れているとアラートが出る。しかたなくインストラーを作り直そうとMacBook Airで試したが、エラーでうまくいかない。
(別にUSBメモリーを作成しなくても、以前から使っていたSSDからSierraをHDDにインストールしてもよかったのだか、このSSDはまだこのままにしておきたかったので、SSD、HDD、USBメモリーを接続して、OSのインストールはしたくない。)

sudo volume\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume --applicationpath / Applications/Install\ macOS\ Sierra.app ―nointeraction

こんな感じのコマンドをターミナルに入力するとされているが、エラーでうまくいかない。3時間以上、検索し探したら、katsunori yoshisueさんのサイトで、エラーの原因を発見。

最初に以下のコマンド
sudo plutil -replace CFBundleShortVersionString -string "12.6.03" /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Info.plist

次にバスワード、その後に下のコマンド
sudo /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume --applicationpath "/Applications/Install macOS Sierra.app" --nointeraction

MyVolumeはインストールするUSBメモリーの名前なので何でも可。※見ている環境で、コマンドの中かの文字が「¥」に見える部分はバックスラッシュです)これでインストーラーが完成した。

ちなみに今日は、iMac(21.5-inch,Mid 2011)で使っていたSierraが入ったSSDを外付けで起動して使っている。普通に起動できてるので、内臓HDDをこのSSDに換装すれば、そのまま使えそうだ。Mid 2011と2017ではマザボードに使われているCPUもチップセット(ドライバーが違う)も違うのに何で普通に起動できるのだろう。Sierra が出た時は2016年なので2017のiMacのドライバーなどは無いはずだ。
今日もすでに24時を過ぎている。ぐったり。

■Sierra古いバージョン
https://apps.apple.com/jp/app/macos-sierra/id1127487414?mt=12
Mac App Storeに接続しバージョン10.12.6 。開くボタンでインストールが開始する


▶︎05月08日
今日は注文した増設用メモリー8G×2枚セットと、筐体と液晶を接続している両面テープ・接着ストリップと円形のカッター
のセットが到着する予定。到着次第、液晶を剥がしてHDDをSSDに換装、メモリーの交換をする予定。荷物は18時すぎに届いた。

早速開始。iMacの中身は2011から5年立って進化した感じだが、このマザボートの感じだとMac miniでもよかったのではと思えた。PCでいうとMicroATX(Mid 2011)対 Mini ITX(2017)といった感じ、なんかMac book Airがそのまま入ってる感じだ。メモリー交換のためにはほとんどのパーツを外すことになり、時間がかかってしまった。
作業が終了し起動を確認、接着テープを貼ってSSDで起動させた。
いよいよiMaのSSDに新規にmac OS Sierra
をインストールする。
OSを新規にインストールし始めて、タイムマシーンから復元するかと聞かれたので、やってみた。なんと iMac(21.5-inch,Mid 2011)で最後にバッアップした状態に戻った

iMac 21.5インチ MMQA2J/A(iMac 21.5-inch,2017)のHDDをSSDに、
メモリー4Gx2枚を8Gx2枚に換装してみました。


画像
Team ノートPC用 SO-DIMM DDR4 2133MHz PC4-17000 8GBx2枚組

画像

ExHung 両面用 液晶ディスプレイ キット 両面接着剤ストリップ 適用する iMac 21.5インチ (Retina 4K, 21.5 -インチ, 2019)| iMac (21.5- インチ, 2017)| iMac (Retina 4K, 21.5- インチ, 2017)

▶︎05月09日
タイムマシーンからは全部のデータを引き継げなかったようなのだが、それがなんなのか、なぜなのか不明。 Adobe Dreamweaver CS3 を起動させるとJavaのランタイムが必要とでる。それをインストールするが、
でできなかったとiMacに言われるが、CS3は普通に起動、作動が遅かったAdobe Dreamweaver CS6も普通に動くようになった。

iMacが新しくなったので、データを整理した。ここまで、ずーっと気づかなかったのだが、内蔵スピーカーから音が出ない。リストにも出ない。初期不良か ? それともSSDに換装する時ケーブルを接続しなかったのか ? さらにマイクもリストにない。大問題だ。もう改造したから初期不良とかで購入した店に戻せないしなー。マイクは使ったことがないので、いらないが、スピーカーは無いと困るので、ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB32で我慢するか。いちいち電源入れるが面倒だけどしかたないか。


ふと、Adobe Dreamweaver CS6 は、Mojaveで動くのではと思った。試してみた。
iMacに内蔵されていたHDDを外付けにして、Mojaveをインストールした。その後 CS6をインストール。これがまた時間がかかる。こうやって時間ばかりが過ぎていく。
Sierraを使ってる時には出なかったが、Mojaveで起動するとOSのアップデートがあるとアラートがでた。macOS Big Surにアップデートしろと言ってる。Mojaveは使わないので、試しにmacOS Big Sur アップデートして見た。全部終わると、再起動した。
するとiMacが大音量で起動音を響かせた? 
なぜ起動音がする? なぜ、システム環境設定→サウンドのリストに内蔵スピカーが出ないのに、スピーカーから音がなる。なぜ ? 不可解なトラブル続きで疲れた。もうそのままで、寝ることにした。
▶︎05月11日
iMacが大音量で起動音を響かせるのは明らかにおかしいので、購入店に連絡したら、サポートも修理も全部Appleで、とのことだった。つまり売るだけ。だったらAmazonで十分だな。
Appleのサポートに連絡してみた。電話でのやり取りは2時間近くになった。下記の「参考」に書かれていること以外ではサポートがリモートでこちらのiMacを見ようとしたぐらいだ。期待していたのに、ターミナルを起動して、サポートしか知らない秘密のコマンドを入力してなんてことはなかった。2時間以上のやり取りの末、結局修理に出すことになった。ピックアップの日時を決めて終了。
後日、SSDからHDDに戻し、メモリーもオリジナルに戻して、修理に出した。開けたり閉めたりで、両面接着剤ストリップ が2セット無駄になった。
▶︎05月15日
9日に修理に出して14日に戻ってきた。修理内容はマザボードを交換となっていた。起動して、スピーカーが使えるか確認した。HDDの中はmacOS Big Sur。再びmacOS 10.12 Sierraの環境に戻す。最初にiMaを分解し、HDDからSSDに、4Gx2のメモリーを8Gx2枚に換装。macOS 10.12 Sierraのインストーラーメモリーから起動し、前回と同じくTime Machineのバックアップから復元した。今回は問題なく復元完了。05月05日に古いiMacが壊れてから10日ぶりに元の環境に戻った。

----< 参考 >----
■Sierra古いバージョン
https://apps.apple.com/jp/app/macos-sierra/id1127487414?mt=12
Mac App Storeに接続しバージョン10.12.6 。開くボタンでインストールが開始する
■iMac のモデルを識別する
https://support.apple.com/ja-jp/HT201634
■Mac に搭載されている macOS を調べる
https://support.apple.com/ja-jp/HT201260

■ 手動で再起動する Macの電源が切れるまでパワーボタンを押したままにします。しばらく待ってから、パワーボタンをもう一度押してMacを起動します。開いている書類の保存していない変更が失われることがあります。
■自動ログインの防止
進行状況インジケータが表示されたら、左のShiftキーを押したままにします。

■Apple Diagnostis(ハードウエアテスト)を起動させる
Mac の電源を入れた直後に、Dキーを長押し続けてください。再起動はボタンをオスカ、Rキー。終了はボタンを押すかSキー

■Mac の SMC(システム管理コントローラ)をリセットする方法
デスクトップコンピュータは、Mac をシステム終了し、電源コードを外します。 15 秒待ってから、電源コードを接続し直します。
以下の機能に関わる動作の管理を司っています。
・電源 (電源ボタンや、USB ポートへの電源供給も含む) ファンやその他の熱管理機能
・ステータスインジケータランプ (スリープ状況、バッテリーの充電状況など)
・緊急モーションセンサー
・環境光センサー
・キーボードバックライトなどのインジケータやセンサー

■Mac で NVRAM または PRAM をリセットする
NVRAM (不揮発性ランダムアクセスメモリ) は、Mac がすばやくアクセスできるように所定の設定情報を記憶しておく小容量のメモリです。PRAM (パラメータ RAM) にも似たような情報が保存されていて、NVRAM と PRAM のリセット手順は同じです。 NVRAM のリセット方法 Mac をシステム終了してから、電源を入れ、すぐに「option」「command」「P」「R」の 4 つのキーを同時に押し、20 秒ほど押し続けてからキーを放します。その間、Mac は再起動しているように見えます。

■Macをセーフモードで起動する
https://support.apple.com/ja-jp/guide/mac-help/mh21245/mac
Macを再起動したらすぐにShiftキーを押したままにします ログインウインドウが表示されたら、Shiftキーを放します。

■macOS 復元から再インストールする(電源ボタンを押して Mac の電源を入れた直後に、以下のいずれかのキーの組み合わせを押し続けてください。)

▼command + R Mac にインストールされていたバージョンの macOS をインストールします。
▼option + command + R Mac と互換性のある最新のバージョンの macOS にアップグレードします
▼shift + option + command + R Mac に当初付属していた macOS、またはそのバージョンに一番近い、現在も利用可能なバージョンをインストールします。

■以前のバージョンの macOS を入手する
https://support.apple.com/ja-jp/HT211683

■macOS の起動可能なインストーラを作成する方法
https://support.apple.com/ja-jp/HT201372

■macOS を再インストールする方法
https://support.apple.com/ja-jp/HT204904

■Macの起動ディスクを変更する
https://support.apple.com/ja-jp/guide/mac-help/mchlp1034/11.0/mac/11.0
Macの場合: Optionキーを押したままMacを起動します。

■ターゲットディスクモードを使って2台のMacコンピュータ間でファイルを転送する https://support.apple.com/ja-jp/guide/mac-help/mchlp1443/11.0/mac/11.0
FireWireポートまたはThunderboltポート付きのMacコンピュータが2台ある場合、それらを接続して、一方のMacでもう一方のMacを外部ハードディスクとして表示できます。Thunderboltケーブルが必要

■Mac コンピュータのステータスインジケータランプの動作
https://support.apple.com/ja-jp/HT203576

------------------------------
《必需品》玄人志向のKURO-DACHI/CLONE/U3
玄人志向のKURO-DACHI/CLONE/U3で Time Machineのバックアップ・復元に使っている。HDDは通常の3.5インチ。


《必需品》Mini DisplayPort-HDMI変換アダプタ
iMacがない間、MacBook Airと21.5インチモニターを繋いで使用した。とても快適で、iMacがナシてもこのままで十分な感じだ。モニターをメインに使う場合は、MacBook Airは閉じた状態。開くと二台のモニターを繋げて使うことになる。



《必需品》HDDケース 2.5インチHDD+SSD USB3. HDDケース 2.5インチHDD+SSDを使い、2.5インチHDDやSSDをフォーマットしたり、そこから起動したりするのに使用。


■2018年1月~「MacBook Airの購入など」

・2021/02/03、macOS Big Suアップデートをインストール(11.2)
アップデートする度にミュージックAppの音楽データのアルバムアートワークが全部なくなる。毎度のことで、ややめんどくさくなる。Windows10で作動するPCにデータを全部移して、MacBook Airでの視聴をやめるかな。なんかOSをアップデートする度に不便に、そして無駄な時間が増えるだけだ。

ミュージックAppはさらにひどく、音楽を再生中にモニターがスリーブしスクリーンセーバーが表れると音楽が停止してしまう。原因は不明なのだが、システム環境設定→バッテリー→電源アダプタで、「デイスプレイがオフのときにコンピュータを自動でスリーブさせない」の項目のチェックを入れ直し、ネットワークアクセスによるスリーブ解除をチェック、電源アダプタに接続中にPower Napをオンにするをチェックで解消した。

・2020/11/15、macOS Big Suをインストール
見た目が変わったが、Catalinaのママでもよかったかも。音楽データのアルバムアートワークが全部表示できなくなった。かなり直したが、まだ抜けてる、面倒なのでもうこのまま。

MacBook AirのミュージックApp起動し、ホームシェアリングをオンにして
蓋を閉じた状態で、iPad AirのミュージックAppでミュージックの再生が可能。
さらに、再生機器にAir Play対応のAVアンプ(YAMAHA RX-V473)を選ぶと接続されているスピーカーで再生可能。

ふだん、KURO-DACHI/CLONE/U3で、MacBook Airもバックアップをとってる。
MacBook AirとmacOS Big Suで、WindowsのOSが入っているHDD(Windows用にフォーマットされたディスクかもしれない)を消去したり、フォーマットが出来ない。Windowsで使っていて使わなくなったHDDをTime Machine用に使おうとしたが断られしまった。しょうがなくiMacに繋いで、フォーマットしMacBook Airで使うこととなった。なんだかなー。



・2020/09/23のSSDを換装
MacBook AirをmacOS Catalina 10.15.6にしてから、ホームシェアリングをオンにしてもミュージックAppでライブリーを共有できなくなった。
データがWindows Server 2011上にあるせいなのかもしれないと思い、データを全てMacBook Airに移動してみることにした。そのためには容量の大きなSSDが必要となり、換装することにした。購入したSSDはCrucial SSD M.2 1000GB P1シリーズ
macOS Catalinaはインストール用USB(Applに移動)を作り、新規にインストールした。

裏蓋はトルクス(Torx)ドライバー4


(オリジナル状態・拡大

(オリジナルを外した状態・拡大
・Crucial SSD M.2 1000GB P1シリーズ Type2280 PCIe3.0x4 NVMe

(搭載状態・拡大

それを取り付けるアダプターは

・Macbook Air (2013-2017)用 M.2 NVMe SSD変換アダプタカード SSDアップグレードキット [並行輸入品]、販売: 龍安堂(980円)をamazonで購入。



■2019/10/10、MacBook AirにmacOS Catalina (カタリナ)をインストール。
最初はOS をアップグレードして、MacBook Airの起動を確認。再起動し、command + R キーを押しmacOS 復元でmacOS Catalina (カタリナ)を今度はクリーンインストールした。

■2018/10/07~12/14
石垣島への出張で、MacBook AirとWi-Fiルーターをレンタルして持って行った。ルーターはPocket WiFi 601HWで、下り最大速度612Mbps、大量使用は3GB/1日。(大量使用(3GB/1日超過を継続)の場合、 回線停止または通信速度が制限される場合がある、月間通信容量には制限なし、 無制限にご利用できる )
データ容量1GBでできることは YouTube高画質、90分

■2018/01/02~MacBook Airの購入
アップルで2018年初売りでMacBook Airが18,000円引きだった。単純にメールでギフトカードが届くだけなのだか、安かったので買ってしまった。OSはmacOS High Sierraで、最初Wi-Fiの設定につまづいたが、とりあえず設定完了。デバイスの中にリモートディスクというものがあり、解説どおり、iMacのドライブにDVDを入れ、それをMacBookAirで再生ができる。DVDメディアで配布されているアプリもインストール可能なのだろうか?

MacBook Airで外部ディスプレイを使う
https://support.apple.com/ja-jp/guide/macbook-air/apd8cdd74f57/mac

▼ iMac (21.5-inch, 2017)

21.5インチ(対角)LEDバックライト
クリアワイドスクリーン
解像度:1,920 × 1,080ピクセル
プロセッサ:2.3GHzデュアルコア
Intel Core i5
(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
メモリ:8GB(4GB × 2)2,133MHz
DDR4メモリ
オプション:16GB
ハードドライブ:1TB(5,400rpm)
Intel Iris Plus Graphics 640
ステレオスピーカー
マイクロフォン

3.5mmヘッドフォンジャック
Thunderbolt 3 × 2(USB-C)
・DisplayPort
・Thunderbolt(最大40Gb/s)
・USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)
SDXCカードスロット
10/100/1000BASE-Tギガビット
Ethernet(RJ-45コネクタ)
802.11ac Wi-Fi
IEEE 802.11a/b/g/nに対応
Bluetooth 4.2


MacBook Air 13-inch,2017
USB 3(最大5Gbps)x 2
Thunderbolt 2(最大20Gbps)x 1
SDXCカードスロット
802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 4.0

ドライブは
PCIe3.0x4対応・NVMe・Gen3 x4
SSD128GB が搭載されている。これは Apple 独自のコネクターで PC 用として一般に売られている、NVMe PCIe Gen3 x4接続のM.2 SSDとは互換性がない。トランセンドで販売されている
JetDrive 855(筐体付属)
JetDrive 850(SSDのみ)などを購入する必要がある。価格は同じ容量で約2倍と高価。筐体を開けるにはペンタローブドライバP6 1.2が必要でSSDを交換するには T5トルクスドライバーが必要。

デュアルディスプレイとビデオミラーリング:本体ディスプレイで標準解像度、60Hzの外部ディスプレイで最大3,840 x 2,160ピクセル解像度を同時サポート(数百万色以上対応)


Mac を使って Wi-Fi の問題を調べる
macOS Sierra を搭載した Mac では、Wi-Fi ネットワークに接続する際に、安全で安定した高速接続を確立する上で支障となる問題がないか調べられます。問題が検出されると、メニューバーの Wi-Fi ステータスメニュー に新しい項目「Wi-Fi に関する勧告」が表示されます。この項目を選択して、推奨される解決策を確認できます。

Windows パソコンから Mac にデータを移行する
Windows 移行アシスタントは、Windows パソコンから連絡先、カレンダー、メールアカウントなどを転送してくれます。転送したデータは、Mac の適切な場所に配置されます。

Mac を売却または譲渡する前に
1---バックアップを作成する
2---iTunes からサインアウトする
3---iCloud からサインアウトする
4---iMessage からサインアウトする
5---ペアリングした Bluetooth デバイスをその後も使う場合はペアリングを解除しておく (オプション)
6---ハードドライブを消去して macOS を再インストールする

別の起動ディスクを選択する方法

情報は、Appleのサイトのものです。点在している情報を1ページにまとめてみました。
Mac で外付けのモニタを使う
Mac に別のディスプレイを接続して、複数のディスプレイをどのように連係させるかを選べます。その方法を詳しくご説明します。
ディスプレイ
AirPlay でビデオをストリーミングする方法やデバイスの画面をミラーリングする方法
AirPlay を使って、Apple 製のデバイスから Apple TV や AirPlay 2 対応のスマートテレビにコンテンツをストリーミングしたり共有したりできます
ディスプレイ
AirPlay
AirPlay でオーディオをストリーミングする方法
Apple TV、HomePod、または AirPlay 2 対応のスピーカーやスマートテレビに音楽、Podcast、その他のオーディオをストリーミングできます。
iPhone、iPad、iPod touch から AirPlay でオーディオをストリーミングする
Apple TV から AirPlay でオーディオをストリーミングする
Mac や Windows パソコンの iTunes から AirPlay でオーディオをストリーミングする
Mac から AirPlay でオーディオをストリーミングする
オーディオ
AirPlay
iMac をターゲットディスプレイモードでディスプレイとして使う
iMac の内蔵ディスプレイを別の Mac の外付けディスプレイとして利用できます。
ターゲットディスプレイモードを使うには、以下の環境が必要です。
Mini DisplayPort ポートまたは Thunderbolt ポートを搭載した Mac ノートブックまたはデスクトップ。
Mac に Thunderbolt 3 (USB-C) ポートがある場合は、Apple Thunderbolt 3 (USB-C) - Thunderbolt 2 アダプタを使って接続できます。
Thunderbolt ケーブルまたは Mini DisplayPort - Mini DisplayPort ケーブル OS X v10.6.1 以降を搭載したサポート対象の iMac

ディスプレイ
MacBook Air のモデルを識別する

Mac のポートを調べる
Mac で Mission Control を使う