現在のネットワーク構成
インターネットへは、NTTのフレッツ光で接続。
光配線方式で、マンションハイスピードタイプ/プラン1、最大200Mbps/下り(上りは最大100Mbps)
NTTのホームゲートウェイとWiFiルーター、ハブで多数の機器と有線でネットワークを構築。
WiFiルーターはブリッジモードで使用。

ハブにはiMac、PC、サーバー、YAMAHAのAVアンプ、DENONのAVアンプ、モニターとして使っているSONYブラビア、
SONYのブルーレイプレーヤー、ASUSのネットワークメディアプレーヤーを接続

WiFiルーターはAterm WG1200HP3

2018/7/02、2015年から使っていたWiFiルーター、Aterm WG300HPから変更。スペックでは、無線LAN:867Mbps(11ac/5GHz帯)。
MacBook Air、iPad Air、iPhone 8、Apple TV 4K、
CANON LBP6040プリンターがWiFiルーターで
ネットワークに接続しています。

その他に有線とWiFiの両方をONにしている機器
iMac 21.5-inch,Mid 2011
GIGABYTE B450 I AORUS PRO WIFI
DENON AVR-X1400H


本体の裏側に記載されているSSIDと 暗号化キーが
必要になります。

新たにWiFiルーターを追加しPPPoE ルーターとし て使用する場合、 現在使用しているプロバイダー と契約した時に発行された、認証IDとパスワード が必要です。これが見つからない場合は契約して いるプロバイダーに問い合わしましょう。

IDやパスワード類が揃ってから、機器の変更や、 設定、追加をしましょう。

▼ネットワーク名(SSID)、 暗号化キー、Webパスワードは本体の裏側に記載されています。
暗号化キーとは、Wi-Fi接続するためのパスワードです。セキュリティ キー、パスフレーズ、ネットワークキーとも呼ばれています。

▼ルーター機能のないNTTのGE-ONUに Aterm WG1200HP3を接続しPPPoEルーターとして使うこともできます。

・現在、GE-ONUにパソコンを一台だけの環境でインターネットに接続から、新たにWiFiルーターを追加します。
機器の接続はいたって簡単でGE-ONUのLANポートとAtermのWANポートをLANケーブルで接続します。
Aterm WG1200HP3のスイッチはルーターモードに設定します。

・現在契約しているプロバイダーとの間で認証設定を再度行います。
GE-ONUとAtermの電源を入れます。

ネットワークを設定するコンピューターのLANポートとAtermのLANポートをLANケーブでつなぎます。

または、コンピューターをWiFi接続でAtermにアクセスします。
WiFiの場合はネットワーク名(本体の裏側に記載されているSSID)と 暗号化キーをコンピューターの WiFi 設定で入力し、 Aterm WG1200HP3にアクセスできるようにしておきます。


使い慣れているブラウザーを起動します。ブラウザーのURL欄にネットワークアドレスを入力しAterm にアクセスします。
URLは 192.168.1.100となっています。
または工場出荷状態の 192.168.10.1


Aterm にアクセスしたら、IDとパスワードの入力を求められます。IDにadmin、パスワードに本体の裏側に書かれているWeb PWを入力し設定画面を開きます。
その後、らくらくネットスタートLiteで設定で
PPPoEルーターとして設定します。
必要なのは現在使用しているプロバイダーと契約した時に発行された、認証IDとパスワードが必要です。
これがないとインターネット接続を確立できません。