Microsoftからの情報 >>>よくあるお問い合わせ
これで安心、新しいパソコンのセットアップ手順  https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/article/1401/msaccount/step.aspx
Microsoft アカウントを登録しよう! → セキュリティ情報の設定をしよう!
Microsoft アカウント登録手続き > すでにお持ちの電子メール アドレスを利用する方法
Microsoft アカウント登録手続き > Hotmail や Outlook.com アカウントを作成し、それを利用する方法
Windows 10でのローカルアカウントとMicrosoftアカウントの違いについて教えてください。(NEC LAVIE公式サイト)
Windows 10 でローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4026923/windows-10-create-a-local-user-or-administrator-account
ハードウェア構成の変更後に Windows 10 のライセンス認証をもう一度行う
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/20530/windows-10-reactivating-after-hardware-change

Windows 10 (Version 1607 以降) では、デバイスの Windows 10 デジタル ライセンスに Microsoft アカウントをリンクできます。これにより、ハードウェアを後で大幅に変更した場合でも、ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使って Windows のライセンス認証をもう一度行うことができます。ただし、アカウントと PC のリンクは、ハードウェアの大幅な変更の前に行う必要があります。

ハードウェアの大幅な変更が行われる前に、アカウント(Microsoft アカウント)を PC にリンクしておく必要があります。
ライセンスにリンクするには、次の手順

スタート ボタンを選び、
[設定]
[更新とセキュリティ]
[ライセンス認証]
[アカウントの追加] の順に選びます。

Microsoft アカウントとパスワードを入力し、[サインイン] を選びます。
入力した Microsoft アカウントが接続されたアカウントでない場合は、
ローカル アカウントのパスワードも入力する必要があります。
Microsoft アカウントを追加すると、ライセンス認証ページに
"Windows は、Microsoft アカウントにリンクされたデジタル ライセンスによって
ライセンス認証されています" というメッセージが表示されます。
ハードウェアの変更前に使っていた既存の Windows のプロダクト キーを
持っている場合は、ライセンス認証の設定ページで
[プロダクト キーの変更] をクリックし、キーを入力します。
Microsoft アカウントのヘルプ
https://support.microsoft.com/ja-jp/products/microsoft-account
Windows 10 Insider Preview最新版「Build 10565」のISOファイルを公開
https://www.microsoft.com/en-us/software-download/windowsinsiderpreviewiso
Windows 10インストール用の「メディア作成ツール」公開
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1507/29/news120.html
Windows 10ミニTips
https://news.mynavi.jp/series/win10tips
Intel、DX12対応のWindows 10用内蔵GPUドライバを配布(2015/8/5 14:20)
https://downloadcenter.intel.com/download/25150
Windows 10にアップグレードしたら確認したい10の設定
http://dekiru.net/article/12831/
Windows 10 よくお問合せいただく内容まとめ(Microsoft

https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-update/windows-10/864a3cd9-7296-454b-b3c3-9652e6dd76ee?tm=1439203443754&auth=1
Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO
●ハードウェアを大幅に変更した場合 (マザーボードの交換など)、Windows 10 がライセンス認証されていない状態になる場合があります

Windows 10 (バージョン 1607) を実行していて、Microsoft アカウントを追加してデバイスのデジタル ライセンスとリンクした場合は、ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用して、Windows のライセンス認証をもう一度行うことができます。詳しくは、「ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用する」をご覧ください。↓
ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用する
Windoes 10の新規インストール時にMicrosoft アカウントを登録しておくことが、重要

■マザーボードの交換など、ハードウェアを最近大幅に変更した場合、そのデバイスで Windows がライセンス認証されていない状態になる場合があります。

■ハードウェアを変更する前に Microsoft アカウントをデバイスの Windows 10 デジタル ライセンスにリンクさせると、サインイン情報を使用して Windows のライセンス認証をもう一度行うことができます。

Microsoft アカウントをデバイスの Windows 10 デジタル ライセンスにリンクさせる

●スタート ボタンを選び、[設定] 、[更新とセキュリティ] 、[ライセンス認証] 、[アカウントの追加] の順に選びます。
Microsoft アカウントを追加するには、管理者としてサインインする必要があります。
●Microsoft アカウントとパスワードを入力し、[サインイン] を選びます。入力した Microsoft アカウントが接続されたアカウントでない場合は、ローカル アカウントのパスワードも入力する必要があります。
●Microsoft アカウントを追加すると、ライセンス認証ページに [Windows は、Microsoft アカウントにリンクされたデジタル ライセンスによってライセンス認証されています] というメッセージが表示されます。

トラブルシューティング ツールで、[このデバイス上のハードウェアを最近変更しました] を選び、[次へ] を選びます。
Microsoft アカウントとパスワードを入力し、[サインイン] を選びます。入力した Microsoft アカウントが接続されたアカウントでない場合は、 ローカル アカウントのパスワードも入力する必要があります。

トラブルシューティング ツール
スタート ボタンを選び、[設定] →[更新とセキュリティ]→[ライセンス認証] →[トラブルシューティング]

■Microsoft アカウントにリンクされているデバイスの一覧から現在使用しているデバイスを選び、[現在使用中のデバイスは、これです] の横にあるチェック ボックスをオンにして、[ライセンス認証] を選びます。
使用しているデバイスが結果の一覧で見つからない場合は、デバイスの Windows 10 デジタル ライセンスにリンクしたアカウントと同じ Microsoft アカウントを使用してサインインしていることを確認します。

デジタル ライセンス (Windows 10 バージョン 1511 ではデジタル登録情報と呼ばれています) は、Windows 10 におけるライセンス認証方式で、プロダクト キーを入力する必要がありません。
プロダクト キーはWindows 10 が入っていた箱の中のラベルに記載されています。入力した有効なプロダクト キーに基づいて、Windows 10 に対するデジタル ライセンスがデバイスに発行されます

※ 正しい Microsoft アカウントを使用してサインインしていて、Windows のライセンス認証をもう一度行うことができない場合は、他に以下の理由が考えられます。

・デバイスの Windows のエディションが、デジタル ライセンスにリンクした Windows のエディションと一致していない。
・ライセンス認証しているデバイスの種類が、デジタル ライセンスにリンクしたデバイスの種類と一致していない。
・Windows がそのデバイスで一度もライセンス認証されたことがない。
・デバイスで Windows のライセンス認証をもう一度行うことができる回数の上限に達している。
・デバイスに複数の管理者が存在し、他の管理者が既に Windows をもう一度ライセンス認証した。
・デバイスが組織によって管理され、Windows のライセンス認証をもう一度行うオプションが無効化されている。ライセンス認証をもう一度行うには、組織のサポート担当者にお問い合わせください。

システム ファイル チェッカー (SFC) は、破損した Windows システム ファイルをスキャンする Windows のユーティリティです。
(SFC) を実行する

タスク バーの検索ボックスに「コマンド プロンプト」と入力し、[コマンド プロンプト] を長押し (または右クリック) して、[管理者として実行]、[はい] の順に選びます。

コマンド プロンプトで、「sfc /scannow」("sfc" と "/" の間にスペースが必要な点に注意してください) と入力します。

SFC により破損したファイルが検出されないか、破損したファイルが検出されたが置き換えられなかった場合、展開イメージのサービスと管理 (DISM) ツールを使ってみてください。

タスク バーの検索ボックスに「コマンド プロンプト」と入力し、[コマンド プロンプト] を長押し (または右クリック) して、[管理者として実行]、[はい] の順に選択します。

コマンド プロンプトで、「dism.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth」("dism.exe" と "/"、および各スイッチ (/) の間にスペースがある点に注意してください) と入力します。

DISM により破損したファイルが検出されて置き換えられた場合、PC を再起動し、パフォーマンスが向上したかどうかを確認します。

システム ファイル チェッカー ツールを使用して不足または破損しているシステム ファイルを修復する
システム ファイル チェッカーは、ユーザーが Windows のシステム ファイルの破損をスキャンし、破損しているファイルを回復できるようにする Windows のユーティリティです。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/929833/use-the-system-file-checker-tool-to-repair-missing-or-corrupted-system-files

Windows 10ドライバ
AMD Catalyst ドライバーとソフトウェア
Radeon R9 Fury、R9 300、R7 300 シリーズ
http://support.amd.com/ja-jp/download/desktop?os=Windows+10+-+64

Radeon R9 200、R7 200、HD 8500 - HD 8900、HD 7700 − HD 7900 シリーズ
http://support.amd.com/ja-jp/download/desktop?os=Windows+10+-+64

Radeon HD 8000 − HD 8400、HD 7000 − HD 7600、HD 6000、HD 5000 シリーズ
AMD Catalyst 15.7.1ドライバーは、WindowsR 10、WindowsR 8.1、およびWindowsR 7を動かしているユーザーで利用可能
http://support.amd.com/ja-jp/download/mobile?os=Windows+10+-+64

SAPPHIREドライバーダウンロード
http://www.sapphiretech.com/download.asp?lang=eng

NVIDIAドライバダウンロード  >>>GeForce400 Series以降
http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp
▼Canon。Microsoft Windows10への対応状況について >>>Canon
インクジェットプリンターのWindows 10への対応状況についてご案内いたします。
▼CyberLink Windows 10 サポート情報 >>>CyberLink

▼BUFFALO 、Windows 10 対応表 >>>BUFFALO

CyberLink PowerDVD 12 for BD アップデート手順
公開 2015年8月11日 13時11分 | 更新 2016年1月14日

▼ELECOM、Windows(R)10対応製品検索>>>ELECOM
▼Epson、エプソン周辺機器製品の Microsoft Window 10 への対応について >>>Epson
▼I-O DATA 、Windows 10 対応情報 >>>I-O DATA
GV-MVP/XS2GV-MVP/XS2WGV-MVP/XS3GV-MVP/XS3W
▼CREATIVE 、Windows 10の対応状況 >>>CREATIVE
▼Logitec、Windows 10の対応状況 >>>Logitec
▼NEC、AtermシリーズのWindows 10の対応状況 >>>Atermシリーズ
▼パイオニアBDドライブ製品のWindows10対応について (2015/8)>>>ST TRADE
PowerDVD10 ※アップデート適用によりPowerDVD12へのアップグレードが行われます。(無償)
▼PIXELA 、Windows 10の対応状況 >>>PIXELA
■ピクセラPIX-DT460
※HDMI接続で音声・映像を出力した場合、録画再生時に「ゆったり再生」および「早送り」が動作しません。 音声をPCからのスピーカー/ヘッドフォン出力に変更する必要があります。
▼プラネックス 、Windows 10の対応状況 >>>プラネックス
▼ラトックシステム 、Windows 10の対応状況 >>>ラトックシステム

■USBポートに簡単接続!軽量・コンパクトなUSBアナログモデム。USB 56K DATA/14.4K FAX モデム REX-USB56
8.1/8/7/Vista/XP/2000 ※32ビット/64ビット両対応、Windows10からは、Windows FAXでの送受信は可能です。
■ポートマルチプライヤ対応多段ケースも接続可能なeSATA PCIボード。eSATA PCIボード(ポートマルチプライヤ対応) REX-PCI15PM
10/8.1/8/7/Vista/XP/2000、Server 2003 ※32ビット/64ビット両対応、対応OS(Mac) 10.4 以降
Windows をライセンス認証できない理由 >>>Microsoft
Windows をライセンス認証できなかったというメッセージが表示された場合は、以下に示すライセンス認証できなかった理由とこの問題を解決する方法を参照してください。このページの一覧に表示されないライセンス認証エラーについては、「ライセンス認証エラーに関するヘルプを得る」をご覧ください。

▼Windows 8.1 または Windows 8 にアップグレードしたが、以前のバージョンまたは正しいエディションの Windows がインストールされていなかった (エラー 0xC004F061)
▼修理の際に、別のバージョンの Windows またはプロダクト キーが使用された可能性がある
▼Windows のコピーが複数の PC にインストールされている可能性がある (エラー 0xC004C008)
▼偽造ソフトウェア
▼中古 PC
▼ハードウェアの変更
ハード ドライブやマザーボードの交換など、PC のハードウェアを大幅に変更した場合は、サポートに連絡して、電話で Windows のライセンス認証を行う必要があります。

Windows 8 から Windows 8.1 にアップデートする
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/update-from-windows-8-tutorial

PC に 64 ビット対応の CPU が搭載されている場合は、現在 32 ビット版の Windows を実行していても、64 ビット版の Windows 8.1 をインストールできます。ただし、DVD を購入して、クリーン インストールを行う必要があります。32 ビット版から 64 ビット版にアップグレードする場合、ファイル、設定、アプリを引き継ぐことはできません。

プロダクト キーのみを使用して Windows をアップグレードする
・アップグレード対象の PC であることを確認します。
・プロダクト キーを手元に用意します。プロダクト キーは、オンライン注文情報、購入確認のメール、または DVD のパッケージに記載されています。プロダクト キーは、次のような形式の 25 文字のコードです。
Windows 8.1 へのアップグレード後に DVD を再生できますか。 >>>Microsoft

Windows 8 でサード パーティの DVD 再生ソフトウェアを既に持っている場合は、Windows 8.1 でも使用できます。Windows 7、Windows XP、Windows Vista のいずれかを実行している場合は、ソフトウェアを再インストールする必要があります。

今使っている PC で Windows 8.1 を実行できますか。 >>>Microsoft
Windows 8 または Windows 7 を実行している場合に、PC と接続済みデバイスが Windows 8.1 に対応しているかどうかを確認するには、アップグレード アシスタントをダウンロードして実行するのが最善の方法です。アップグレード アシスタントは PC やデバイスをスキャンして、アップグレードの前後に実行する必要がある作業を通知します。

以前のバージョンの Windows を実行している場合は、システム要件を確認してください。また、PC の製造元の Web サイトにアクセスして、更新されたドライバーおよびハードウェアの互換性に関する情報を確認することをお勧めします。

次に、システム要件の要約を示します。
Processor: 1 GHz 以上
メモリ: 1 GB (32 ビットの場合) または 2 GB (64 ビットの場合)
ハード ドライブ空き領域: 16 GB (32 ビットの場合) または 20 GB (64 ビットの場合)
グラフィックス カード:MicrosoftDirectX 9 グラフィックス デバイスおよび WDDM ドライバー

Windows 8.1、Windows RT 8.1
PC を復元、リフレッシュ、または初期状態に戻す方法 >>>Microsoft

ご利用の PC に問題がある場合は、PC を復元、リフレッシュ、または初期状態に戻すことができます。PC を復元すると、最近行ったシステム変更を元に戻すことができます。PC をリフレッシュすると、Windows が再インストールされますが、個人用ファイルと設定は保持されます。また、PC に付属していたアプリや Windows ストアからインストールしたアプリも保持されます。PC を初期状態に戻すと、Windows が再インストールされ、ファイル、設定、アプリ (PC に付属していたアプリを除く) は削除されます。
Windows 8: 新しい改善されたセキュリティ機能を探る >>>Microsoft
http://www.microsoft.com/ja-jp/security/pc-security/windows8.aspx
Windows Certified Products List >>>Microsoft
Windows Certificationは、製品がマイクロソフトの互換性テストに合格したことを意味します。
Windows 8.1 で利用できる x86 および x64 グラフィックス ドライバーの現状 >>>Microsoft
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/dn344644.aspx
▼Windows 8.1 / 8関連情報サイト
Windows 8.1 関連リンク集 >>>PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/link/20131021_620327.html
Windows 8.1対応製品リスト >>>I-O DATA
Windows 8.1の対応状況 >>>BUFFALO
Windows 8.1対応ドライバをリリース >>>ピクセラ
ピクセラ PIX-DT260 StationTV X Ver.1.01.0801.2
http://www.pixela.co.jp/products/tv_capture/pix_dt260/download.html
Windows 8.1対応ドライバをリリース >>>ピクセラ
PIX-DT230-PE0 StationTV X Ver.1.01.0801.2/ドライバ Ver.2.10.1.0
http://www.pixela.co.jp/products/tv_capture/pix_dt230_pe0/download.html
Microsoft Windows 8(Windows8.1含む)対応状況(インクジェットプリンター)  >>>キャノン
Windows 8.1 動作確認状況 >>>ラトックシステム
Windows 8.1対応ドライバをリリース >>>Intel
Intel Desktop Board Windows 8.1対応 USB 3.0 Driver Ver.2.5.1.28
DB85FL、DH87MC、DH87RL 、DQ87PG、Desktop Board DZ87KLT-75K
https://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?DwnldID=22589
Windows 8.1対応のGeForceドライバー。バージョン: 341.44 WHQLで、GeForce 8、GeForce 9、GeForce 100、GeForce 200、GeForce 300、GeForce 400、GeForce 500、GeForce 600、GeForce 700シリーズ、GTX TITANに対応 >>>NVIDIA
Windows 8.1対応のAMD Catalyst DriverはATI Radeon HD 5000 Series移行 >>>AMD

Windows 8が動作しなくなった? 新しくなった修復機能 >>>ASCII
http://ascii.jp/elem/000/000/759/759343/
▼Windows 8ではDVDを再生できない!? その理由と対策は 2012年08月30日 >>>ASCII
http://ascii.jp/elem/000/000/721/721780/
▼Windows 8大百科 >>>マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/special/2012/windows8/index.html
▼ASUS 、Audio Cards、Windows 8の対応状況 >>>ASUS > Audio Cards
ASUS・Xonar HDAV1.3 Slim、未
ASUS・Xonar D2X、アップデート で対応済。
▼GIGABYTE、マザボードのWindows 8の対応状況 >>>GIGABYTE
▼MSI、マザボードのWindows 8の対応状況 >>>MSI
3DMark06のWindows 8正式対応版が登場。4Gamerミラーを差し替え >>>4gamer net
http://www.4gamer.net/games/027/G002753/20071130021/
▼CyberLink 、Windows 8の対応状況 >>>CyberLink
▼BUFFALO 、Windows 8の対応状況 >>>BUFFALO
・ストレージ
Corel(sonic)社ソフト DVD系、対応予定
CyberLink社ソフト BD系、ソフト内アップデート案内にてアップデート
CyberLink社ソフト DVD系、ソフト内アップデート案内にてアップデート
▼I-O DATA 、Windows 8/Windows RT対応製品リスト >>>I-O DATA
・地デジチューナー
GV-MVP/XS2W、サポートソフトVer5.212以降にて対応。
GV-MVP/XS2、サポートソフトVer5.212以降にて対応。
▼CREATIVE 、Windows 8の対応状況 >>>CREATIVE
Creative PCI Express Sound Blaster Recon3D(SB-R3D)、ベータ版提供中
Creative PCI Express Sound Blaster Recon3D Professional Audio、ベータ版提供中
Creative PCI Express Sound Blaster Recon3D Fatal1ty Champion、ベータ版提供中
Creative PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium HD (SB-XFT-HD)、ベータ版提供中
▼Futuremark WINDOWS 8 BENCHMARKS AND PC TESTS >>>Futuremark
▼AtermシリーズのWindows 8の対応状況 >>>Atermシリーズ
▼PIXELA 、Windows 8の対応状況 >>>PIXELA
PIX-DT230-PE0、アップデータ で対応済。
▼ラトックシステム 、Windows 8の対応状況 >>>ラトックシステム
▼Logitec、Windows 8の対応状況 >>>Logitec
▼プラネックス 、Windows 8の対応状況 >>>プラネックス

| SHOP | B.T.Oで注文 |