Intel P965チップセット搭載
ASUS P5B Premium Vista Edition、CPUクーラーは、Zalman Tech CNPS9500AT(775専用)

Windows Vista対応機能を搭載するVista Editionシリーズ



Precision Tweaker(詳細なオーバークロック設定機能)は、CPUの電圧や、メモリの電圧、FSBクロックなど、マザーボードの各種パラーメータを細かく設定できる機能です。ASUSTeKのオーバークロック機能としては、手軽に行えるAI NOSなどがありますが、AI NOSはクロックの上げ率をパーセントで指定する機能なので、あまり細かい設定はできません。
vCore: CPU の電圧を 0.0125V 刻みで設定可能
vDIMM: DRAM の電圧を14段階で設定可能
vChipset: チップセットの電圧を4段階で設定可能
FSB を 1MHz 刻みで 100MHz 〜 650MHz の間で設定可能
PCI Express X16 の動作周波数を1MHz 刻みで 90MHz 〜150MHz の間で設定可能
メモリ設定を 533MHz 〜 1066MHz の間で設定可能

ASUS独自機能--静音・低温化関連機能
Stack Cool 2(放熱特性が高い冷却用基板)は、マザーボードの裏面にStack Cool 2を貼ることで、CPUや電源回路の放熱を助けて安定性を向上します。

8フェーズ電源回路(電源回路の分散化)は、CPUなどに電力を供給する電源回路(VRM:Voltage Regulator Module)を8つに分散化することにより、安定した電力供給を行えるようにするものです。

AI Nap(低消費電力低騒音動作モード)は、PCの最低限の動作機能だけを提供する低消費電力低騒音動作モードを提供する機能です。Windows上からAI Napの機能をONにすると、ディスプレイ出力をOFFにし、CPUの消費電力を落とします。

AI Gear(PCの消費電力モードを変更する機能)は、あらかじめ登録されている動作モードを選ぶことにより、PCの動作状態を変更する機能です。

Z Flash 2(簡単BIOS更新ツール)は、PCの起動時に簡単にBIOSの更新を行える機能です。PCの起動中に、「Alt」キーと「F2」キーを同時に押せばEZ Flash 2が起動し、USBメモリやフロッピーディスク、またはCD-Rなどに保存したBIOSイメージからBIOSを更新することができます。

CrashFree BIOS 3(BIOSトラブル時の復旧機能)は、BIOSの更新時などにBIOSがクラッシュしてしまった場合に、付属のサポートCD-ROMから簡単にBIOSを復旧できる機能です。この機能があれば、BIOSがクラッシュした場合でもマザーボードを修理に出す必要がなくなります。

マザーボードの温度を下げる冷却基板Stack Cool 2を搭載。Stack Cool 2とは、マザーボードの裏側全面に搭載する冷却用の特殊な板のことで、マザーボードに伝わるそれらの熱をマザーボード自身から積極的に放熱することにより冷却能力を高める機能です。

Trusted Platform Module 管理のベスト プラクティス

日本語マニュアルをASUSのサイトからダウンロード可能です。AI Remoteも日本語での解説がありますが、ScreenDUOは英語版のマニュアルしか同梱されていないようです。

ScreenDUOの参考サイト
(デジタルARENA、サイドショーでスライドショーを楽しみまショー)(itmedia、SideShowガジェットが使えるマザーボード─ASUS「P5B Premium Vista Edition」 (1/2))
ASUS P5B Premium Vista Edition

Intel P965チップセット搭載、Core 2 Duoに対応。ヒートパイプを利用してチップセットを強力に冷却します。さらに放熱性能が高い冷却用基板Stack Cool 2を採用。1ランク上の安定動作を提供する8フェーズ電源回路搭載。導電性高分子固体電解コンデンサを採用。属のArray Micでクリアな音声入力が可能。起動時にUSBメモリからBIOSを更新できるEZ Flash 2機能搭載。BIOSをUSBメモリから復旧できるCrashFree BIOS 3搭載

5つの特別な機能を付加したマザーボードシリーズです。ASUSの人気マザーボードをベースにWindows Vista向け機能を搭載しています。


Socket LGA775 ATX
Chipset Intel P965+Intel ICH8R
Intel Hyper-Threading Technology対応
Intel Fast Memory Access Technology対応
FSB 1066/800/533MHz
CPU クアッドコアCPU対応
Core2 Extreme / Core2 Duo / Pentium D / Pentium 4 / Celeron D Processorsに対応
拡張スロット PCI-Express×16、2スロット。
PCI Express x16スロットは青色のスロットが16レーン、黒色のスロットは4レーンと2レーンの切り替えを行えます。
※PCI Express x16スロットはATI CrossFireに対応しています。

PCIを3スロット、PCI-Express×1を1スロット
Memory Type DDR2 800 / 667 / 533 MHz
Max Memory&Socket 4×DDR2スロット、最大8GB
Storage
RAID
・Southbridge
7×SATA 3.0 Gb/s ports
Intel Matrix Storage Technology supports RAID 0, 1, 5 and 10
・JMicron JMB363 PATA and SATA controller
1×UltraDMA 133/100/66 for up to 2 PATA devices
1×Internal SATA 3.0 Gb/s port
1×External SATA 3.0 Gb/s port (SATA On-the-Go)
Support SATA RAID 0, 1 and JBOD
Audio オンボード、8チャンネルHigh Definition Audio、S/P DIFアウト(角型・同軸)、ASUS Array Micが付属
IEEE1394 オンボード、IEEE1394×2、TI 1394a controller
USB port オンボード、USB2.0×8(I/O×4、ボード上×4)
LAN オンボード、1000BASE-T×2、Marvell PCI-E and PCI Gigabit LAN controllers
Vista Edition特別機能

ScreenDUO
TPM
ASAP
AI Remote
ScreenDUOは、Windows VistaのWindows SideShowに対応するUSB接続の小型端末です。横100mm×奥行き66.8mm×高さ17.2mmの本体には、2.4型で320×240ドットの解像度を持つ液晶ディスプレイを備え、さまざまな情報を表示できます。たとえば、CPUの電圧や温度を表示するハードウェアモニターとして使うこともでき、カレンダーや天気予報、新着メールの表示、RSSリーダーなどを表示することも可能です。Windows SideShowに対応するのでカスタマイズも容易で、Windows VistaのさまざまなSideShowガジェットを使用できます。また、ASUSの専用ソフトを使用すればWindows XPでも一部の機能を使用可能となっています。

TPM(Trusted Platform Module)は、Windows VistaのWindows BitLockerに対応するハードウェアです。Windows BitLockerはHDDの暗号化をハードウェアで行うセキュリティ機能で、対応するハードウェアキー(TPM)をパソコンに挿した状態でないとHDDの読み書きを行えなくすることができます。たとえば、マザーボードにTPMを取り付けてWindows BitLocker機能を使用した場合、そのパソコンから抜き取ったHDDは、ほかのパソコンでは読み書きを行えません。この機能は、企業でWindows Vistaを採用する際の目玉機能として注目を集めています。Vista Editionシリーズのマザーボードでは、マザーボード上にTPM用のコネクタを搭載しており、別売りのTPMを使用することができます。

ASAP(ASUS Accelerated Propeller)は、Windows VistaのWindows ReadyBoostに対応するハードウェアです。Windows ReadyBoostとは、パソコンに挿したUSBメモリをパソコンの動作速度向上に利用する機能で、主にアプリケーションの動作を高速化します。ASAPでは、マザーボード上に512MBのメモリを搭載することで、別途USBメモリを使用しなくてWindows ReadyBoostの機能を使用できます。

AI Remoteは、パソコン用のリモコンです。自分でアプリケーションを登録できる2つのショートカットボタン(AP Trigger)や、Windows Media Playerなどで動画や音楽の再生、音量の調整などを行えるボタンを備えています。リモコンでパソコンの電源のON/OFFを行うことも可能です。シンプルなハードウェアですが、一度慣れてしまうとマウスに手を伸ばすことさえめんどうに感じるほど便利なものです。
I/O PS/2キーボード、PS/2マウス、シリアル×1、SPDIF角形/同軸、External SATA(eSATA)ポート×1、IEEE1394×1、USB2.0×4、AUDIO、LAN/RJ45×2
ASUS独自機能
オーバークロック関連機能
AI NOS、AI Overclocking、Precision Tweaker、AI Suite(Windows上でさまざまな設定を行える統合ソフト)、ASUS C.P.R.
静音・低温化関連機能
AI Nap、AI Gear、Q-Fan 2
BIOS関連機能
O.C. Profile、EZ Flash 2、CrashFree BIOS 3、MyLogo 2
Zalman Tech CNPS9500 AT
LGA775専用

銅製底面、銅製ヒートパイプ3本を8の字型に設置し、ヒートパイプ6本相当の熱伝導率を実現。同心円状に配した0.2mm薄型フィン90枚を、中央の9センチファンにより冷却します。高価ですが、冷却性に優れた製品です。意外にコンパクトで、ほとんどのマザボードに装着できそうです。


全長・重量 横幅 112×85×高さ125mm、530g
ファン 90.25mm
ノイズ 18.0〜27.5dB
回転数 1,300〜2,650rpm・4ピン可変
エアフロー 31.33〜72.14CFM