YAMAHA SRX400:498,000円 / オイルクーラー:25,000円 / リアショックを交換:25,000円(SRX600のもの)
サイドバックはドイツのツーリングケース「クラウザー」製、モトコで購入、当時35,000円
度重なる転倒で、所々割れてしまったけど、何度もエポキシ接着剤で修理し、最後まで使用できた。
バックを支えていたステーはオリジナルのままでは 荷物の重さに耐えられなく、金属プレートを追加して補強した。

SRX600用のリアショックに交換して走ったけど意味が無かった。 すぐへたってしまい。結局750ccクラスのバイクに付いているショックに交換した。SRX600用のリアショックは国内仕様のようで、海外のカタログにはSRX400と同じものが使われていた。
サイドスタンドしか無いSRXは、荷物の重さでスタンドが地面にめり込み、駐車中によく転倒した。 地面との接地面にゴム板をくくりつけ対策した。初めから大きめの鉄の板を溶接してもらえば良かったと思う。
旅行中も何度か溶接工場に行く機会があったけど、結局ゴムを縛り付けただけで最後まで走った。適当な鉄の板を溶接してもらえば良かったかもしれない。メキシコとかペールーでは安く溶接してくれる。

INDEX